読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gunosyデータ分析ブログ

Gunosyで働くデータエンジニアが知見を共有するブログです。

【これからの強化学習】 Gunosy データマイニング研究会を実施しました

gunosy-dm.connpass.com

こんにちは、データ分析部の阿部です。 今回は、先日開催したデータマイニング研究会という勉強会についてご紹介します。

データマイニング研究会とは

本勉強会では書籍の輪読と論文紹介を行い、データマイニングに関する基礎知識の向上及び、先端事例の共有・議論を行うことを目的としています。 2週間に1回のペースで開催されており、社外にも公開し広く知見を共有することを目指しています。 Gunosy創業時から取り組んでいるためこの手の勉強会としては歴史は長く(?)、今回で117回目になりました。

f:id:y-abe-hep:20170407102639j:plain

f:id:y-abe-hep:20170407102646j:plain

これからの強化学習

今回からは「これからの強化学習」を進めていて、1.1と1.2を終わらせました。 内容は強化学習の基礎的なところで、強化学習の構成要素が中心となっています。

これからの強化学習

これからの強化学習

  • 作者: 牧野貴樹,澁谷長史,白川真一,浅田稔,麻生英樹,荒井幸代,飯間等,伊藤真,大倉和博,黒江康明,杉本徳和,坪井祐太,銅谷賢治,前田新一,松井藤五郎,南泰浩,宮崎和光,目黒豊美,森村哲郎,森本淳,保田俊行,吉本潤一郎
  • 出版社/メーカー: 森北出版
  • 発売日: 2016/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る

本書はこれから研究を始める大学院生や研究者に向けて、最新の研究を理解する手がかりになることを目指しているとあります。 実務でも強化学習は応用されており、例えば広告のクリエイティブ選択に強化学習の一種とも言えるバンディットアルゴリズムが使われていたりします。 この他にも応用できそうな箇所もあるので、将来的に本書の内容を活かしてサービスへの応用もできればと考えています。

ちなみに、前回までは「トピックモデルによる統計的潜在意味解析」を進めていました。 こちらも良書なので、紹介しておきます。

トピックモデルによる統計的潜在意味解析 (自然言語処理シリーズ)

トピックモデルによる統計的潜在意味解析 (自然言語処理シリーズ)

論文紹介

論文紹介はこちらです。

Focus on the Long-Term: It’s better for Users and Business(KDD2015)

Focus on the Long-Term: It's better for Users and Business

Web系企業ではA/Bテストによってプロダクトの品質を分析するケースが多いですが、どうしても短期的な指標の評価に重点を置いてしまい長期的な価値が評価しきれていないこともあります。 この論文ではどのようにして長期的価値を評価するのかということを論じており、興味深かったです。

最後に

今回はGunosyデータマイニング研究会について紹介しました。 興味があったらぜひご参加ください!